ホメオパシー療法って?


ドイツ生まれの自然療法で、誰もが持っている 自己治癒力に気づきを与えて、自分本来の健康な姿へと導いてくれる体に優しい療法です。

 

日本ではまだまだ知られていないかもしれませんが、ヨーロッパやアメリカ、インドでは有名で、歴史のある療法なんですよ。

 

ホメオパシー療法では、「レメディー」とよばれる薬のようなものを使いますが、それは、現代医療の「薬」とはまったく違うもので、

 

現物質は一切含まれていません。

 

ホメオパシーは、同種療法と訳されますが、「波動療法」ともいわれたりします。

 

現物質は一切含まれませんが、そのものの持つ「波動」「エネルギー体」が、「レメディー」といわれるアルコールや砂糖玉に転写されているのです。

 

不思議だけれど、ダイナミックに、どんな方にでもお使い頂ける、安心で安全な ホメオパシー療法をぜひお試しくださいね。

 

 

~同種の法則~

 

ホメオパシー療法は、同種療法と訳されます。

 

この同種の法則に基づき、体を癒してくれます。

 

例えば、冷えた手を、一瞬でもいいので、氷水につけたとします。

 

その後、その手は赤くなり、ぽかぽかしてきます。体は、一気にすごく冷たい氷水につけられると、

 

「手が、冷やされたぞー!やばいぞー!あたためろー!」と、脳に指令を出すのです。

 

そうして、手の冷やされたところに血液を送り血流を良くして、手をあたためるのです。

 

これが、自己治癒力。

 

自己治癒力が働いた、ということです。

 

冷えた手を温めたのは、自己治癒力。氷水は単なる「きっかけ」にすぎません。

 

 

~超微量の法則~

 

同種の法則に基づき、ハーネマンは薬草や鉱物などあらゆるものを取ったら、人間はどうなるのか?を、観察し記していきました。

 

ところが、薬効のある植物、たとえば、トリカブトなどは、とても薬効があるのに毒がある。

 

その当時、薬として使われていた水銀も、当時の流行病である「梅毒」の治療薬としてとても効力を発揮していましたが、

 

量が多いと、「梅毒」が治るどころか、水銀病にかかってしまう・・・。

 

こういった毒をなんとか取り除き、薬効だけを残すことはできないか、と研究していた時に、毒がなくなるまで、

 

「薄めてたたく」ということをひらめいたのです。

 

ある物質を薄めてたたいて(希釈・震盪)をひたすら繰り返したものを「レメディ-」といい、ホメオパシーの治療薬のことです。

 

天文学的な薄さまで薄めるので、現物質はおろか、毒もまったく含まれません。

 

なのに、そのものの持つエネルギー体(波動)は、ちゃんと残るのです。

 

不思議ですよね。

 

ですが、これは、量子力学の世界では当たり前のことなんだそうです。

 

 

~ホメオパシーの治療薬「レメディ-」~

 

ある物質を、物質がなくなるまで薄めてたたいたもの(希釈・震盪 きしゃく・しんとう)を、レメディ-といいます。

 

たとえば、トリカブトは、アコナイトといいますが、それを、100倍希釈を60回繰り返したものを、

 

Acon(アコナイト)30C   といいます。

 

 

 レメディーには、液体のもの、「アルコールポーテンシー」と、「砂糖玉」があります。

 

おおむね、慢性的な症状には「アルコールポーテンシー」を使い、

 

急性的な症状には「砂糖玉」で対処します。

 

 


   はじめてのホメオパシー・プライベートレッスン

 

ホメオパシー療法について、詳しく知りたい方は、中西さやかがわかりやすくご説明いたします。

ホメオパシーってなあに?何からはじめればいいの?どんな本を読めばいい??などなど、ホメオパシーに関するどんな疑問にもお答えします。

ホメオパシーを全くご存じない方に、おすすめのレッスンです。

      約90分    5000円

 

           お申し込みは → こちらからどうぞ